インパールがまたぞろ、終戦日に当ててシ

インパールがまたぞろ、終戦日に当ててショウモナイ番組をオンエアした。番組の最後に辛くも生き残った牟田口司令官お付きの若い将校を探し出して、泣いた懺悔を放映している。気の毒だw。これがジャーナリズムのやる事か?牟田口司令長官と番組デレクターは何も変わらないw。